comdiary

家族との生活を楽しみたい。育児と看護と家事を楽しみたい。自分の好きなこと、やりたいことをもっと広げたい。色んな人に会いたい。沢山の美しいものを目に焼き付けたい。欲求を満たすための試行錯誤を記録して居ます。日記形式だったり、カテゴリー別だったりします。

一人の時間がないと息切れしてしまうね。

休みだったけど生理中の影響か、自己啓発オタクになっていた影響か、午後からどっと疲れが出て寝てしまった。

息子はほっといてしまったから悪いことした。

午前中は用事を済まして、買い物して、帰ってから春巻き作るぞーと意気込んでいたけど、重い食材を抱えて買えるうちに疲れて疲れて、しょうがなかった。

仕事から帰ってきた夫に息子を丸投げして、一人で外食した。

おかげで頭も心もスッキリして、21時から春巻きを一人で作る始末。

ミニ春巻きにしたらミニすぎて60個も作ったけど大量にタネが余ったので、ほうれんそうのバター炒めを急遽ホットクックで作った。

美味しい。

湯でかぼちゃもホットックで作ったけど焦げ付いてしまった。レシピどうり作ったのにどうしてだろう。

これならルクエでレンチンした方がいいや。

 

今日は久々に一人で黙々と時間を過ごした。

おかげで明日からまた頑張れそう。

小さい子がいると贅沢な時間だから大切にしてリラックスしよう。

手間のかかる水筒をやめたら、逆に手間がかかった

職場にはお茶を入れた水筒を持って行きます。

最近職場の雰囲気にも慣れてきて、休憩所にあるお茶やポットのお湯を遠慮なく使えるようになり、マグカップを持ち込んで飲むことが増えてきました。

仕事中は飲まないし、これならわざわざ水筒にお茶を持ってこなくてもいいやと思い、水筒なしで行ってみました。

その日の昼は問題なかったのですが、仕事終わりにも水分摂取していることをうっかり忘れていた私。仕事終わりにもお茶飲んで帰っていたので、わざわざポットからお茶作って飲む手間やマグカップを洗う手間、片付けまで考えると、水筒があったほうが結果的に早いかもと気づくことが出来ました。

 

その後は再び水筒復活です。

 

今回は効率化に繋がらなかったけど、こうやって生活の小さな部分を少しづつ試行錯誤出来ていることが楽しいなと思います。

Kくんはお水遊びが楽しいみたい

Kくんは手洗いが好きです。

先日、泥んこ遊びから帰ってきて「ひとりで手を洗ってくる!!」と元気に洗面台に向かったKくん。

 

私は他の家事をしていていたのですが、10分たっても洗面所から戻ってこない。そしてやけに静か。

 

手を洗っているのが長いなぁと思って近づいてみたら、洗面台に水を溜めてめちゃくちゃにして遊んでいまして、満面の笑み。

 

つい、こらっ!と怒ってしまいそうになりましたが、先日読んだ育児本で、子供が集中できることが大事!と書いてあったのを思い出しました。

 

そして後片付けは気になるけど、夢中になる位水遊びに集中できていた事を嬉しく思い、記念撮影してその場を去りました。

 

Kくんはまだまだ楽しそうだったけど、5分ぐらいしたら「もういい」と言って、戻ってきました。

長引かなくてよかったと一安心。水回りはかろうじて床と壁が少し濡れている程度だったので、Kくんと一緒にお掃除して終わりました。

 

後で1人で掃除すると思うと面倒だけど、子供と一緒に掃除すればこちらのストレスも減るし、汚したら掃除しなきゃいけないと言う教育にもなるし、私には一石二鳥のやり方だなぁ。

 

もうすぐ3歳になるKくん、いろんなことに興味を持って好きなことをどんどん見つけていってほしいです。

皿うどんの餡はホットクック で作れるか?

今日は野菜がたくさんのこっていたので、皿うどんを作りました。

今まではフライパンで炒めていたけど、初のホットクック 炒めモードを使ってみます。

 

1.適当に野菜を切って入れる

2.ホットクック手動メニューで[沸騰後3]に設定する

3.終了後、お水と餡を溶かしたものを入れて、再加熱1

 

油使わずに皿うどんの餡完成しました。

葉物野菜はしんなりしすぎていたので、最初の加熱は沸騰後1分に設定して、様子を見れば良かったです。根菜類は火の通りが心配だったので事前にレンチンしたので問題なし。

 

やっばり、火を使わなくていいので、そのストレスがないのが一番ですね。炒め物するとコンロも汚れ掃除も面倒だし。

今度はシンプルな野菜炒めを作ってみて、どの程度になるか調べたいと思います。

ホットクックの楽しいところは、こうやって試行錯誤してみたいと思えるところですね。

 

 

ちなみに餡はけーくん用に薄めに作りましたが、野菜いっぱいの皿うどんをもりもり食べてくれて一安心です。

 

飲み会を断って、身体のコントロールを優先したい

歓送迎会のシーズンですね。

先週は飲み会が2回あり、私は疲労回復できず過ごしました。

 

1つ目の飲み会は、学生時代の同期と久々の再会で、飲み会自体はとってもとっても楽しかったもの。

2つ目は職場の歓送迎会で、穏やかに過ごしたもの。

 

1つ目はとっても楽しかったけど、いつも息子と寝ている私からすると、23時に帰宅することがとっても大変でした。すぐに寝ればいいのに、なぜか興奮してネットサーフィンをしたりちょっとお菓子をつまんだりして12時過ぎまで起きてしまいました。

 

2つ目の職場の歓送迎会は、もともと飲み会は得意ではないけれどお世話になった人も参加するから最後に挨拶をしよう程度の気持ちで参加しました。結果、挨拶はできたけれどもその日も23時ごろまで帰宅できず、帰ってきてすぐ寝たけれど次の日も仕事だったので、疲れが回復できずイライラしてしまいました。

 

しかも私はお酒が全く飲めないのため、お茶と食事で過ごすことが多いのですが、1つ目の飲み会は食べ物が少なすぎて空腹となり、2つ目の飲み会は食べ物が多すぎて炭水化物過多になってしまい気持ちが悪くなりました。

 

1週間のうちに2日あけて2回これがあったので、この週はずっと気持ちが悪くて何もできないでした。

 

100歩譲って、友達との飲み会はとっても楽しかったのでまた参加するとしても、もう職場の付き合いでの飲み会はやめようと思いました。

 

 

今年は自分の断る力を増やしていきたいな。

けーくん、タンポポに石を添える

けーくんと散歩していたある日の午後、道端にタンポポが一輪咲いていました。

最近のけーくんは目につくものいろんなことが気になる様子で、私にタンポポを教えてくれました。

私が、「1輪だけ咲いているね。」と話すと、けーくんは「寂しくないのかな?」と言いました。

 

おお、一人(一輪)でいることが寂しいと思えるようになったんだなぁと、その成長にちょっと驚きました。

 

「寂しいと思ったのはお花が1人だから?」と聞くと、「そうだよ」と言いました。

「1人だと寂しいと思うんだね、お友達とかと一緒にいた方が楽しいと思うのかい?」と聞くと、「お友達の方が楽しい」と言いました。

 

たんぽぽから離れるときにけーくんが名残惜しそうにしていたので、「けーくんとお母さんがたんぽぽさんに声をかけたから、たんぽぽさんは嬉しいと思うよ。」と伝えると、けーくんはたんぽぽの葉っぱの上に近くにあった石を2つ並べました。

「これで寂しくないね」と、けーくんは笑顔。

 

葉っぱの上に紙があるとたんぽぽは重いだろうなぁと心の中で思いつつも、けーくんの成長に本当に感動した1日でした。

 

いつの間にこんなに大きくなったんだろう。

こうやって、あっという間に大きくなっていくんだなぁ。

 

私が日々の時間を短くしたり、ストレスを少なくしようと試行錯誤しているのは、こうやってけーくんと一緒に過ごす時間をたくさん作りたいからなんだなと改めて再認識。

幸せな思い出をたくさん作っていきましょう。

けーくんのカットは立ったままで

けーくんは髪の毛が伸びるのが遅い。

けれども徐々に伸びてきているので、そろそろカットしようかなぁと言う時期になりました。

美容院に連れて行ったほうがきれいになるんだけれども、連れて行く時間もお金もかかるのがもったいないなぁと思ってしまうので、K君は私のカットで今のところ過ごしています。

 

とは言え、ど素人の私のことですから技術はまばらです。とりあえず髪が目に入らず、長すぎなければいい、そんな思いでカットしています。

 

美容院さんごっこだよと言って、けーくんの椅子に座らせて、タオルをぐるぐる巻きにして下に新聞紙をひいてカットしてましたが、後からの掃除が地味にめんどくさい。

 

我が家はテーブル椅子なので、高いところから切った髪が床に散らばって掃除の範囲が広くなるのがストレスでした。

 

 

そこで今回は、床にチラシを敷いて、けーくんには立位を保ってもらいました。

床からの距離が短い分、髪の広がりも少なくなったような気がします。

けーくんも成長したこともあって、こちらの指示が入りやすくとってもスムーズ。

 

 

けーくんがおしゃれに目覚めるまでは、しばらく母の自己流カットで過ごしてもらおうと思います。