comdiaryのブログ

日々の思い出づくりに。今は育児ネタが多いはず。

家族っていいですね

晴れ、久々の夏の天気。


今月から実習後半が始まり、最初の日曜日。

午前中は夫にKくんをお任せして、保育園の集まりや実習学習を片付けることが出来た。


夫も自分からKくんを連れて外に行こうかと言ってくれて、本当にありがたい。


夕方帰宅後、飲みながら夫がKくんと遊びつつ、ふと「家族っていいですね〜」と言った。

確かに最近よく面倒見てくれるようになったし、実習で怒涛の忙しさだから、夫の全面的な協力がないと、今日までやってこれなかった。

お仕事を休んで病児保育探しもやってもらったりしてた。

だけど一年前の今頃を振り返ったら、産後クライシス最高潮で、こんな風に言葉にする日が来るなんて、と驚いてしまったよ。

もちろん、嬉しい喜びね。


夫の言葉を受けて、私も「いいですね」と答えちゃったよ。

Kくんもニコニコ笑ってる。

凄い幸せな瞬間を過ごすことが出来て、改めて夫&Kくんに感謝。


来週からも家族第一、実習第二で頑張るよ。

Kくんとファミレス

晴れだけど比較的涼しい。


今日は午前中家でゆっくりすごして、家族でファミレスに行った。

Kくんはお子様カレー。

Kくんを食べさせるので私は最初食べられないかな?と思っていたが、Kくんは上手にお椀に入れたカレーを食べてくれて、私はほぼ見てるだけで済んだ。


先月もレストランに出かけた時は、Kくんのお世話で前半私が、後半夫が面倒を見ていたけど、今回は殆ど家族同時に食べ終えた。


食後も貰ったおもちゃやチラシで静かに過ごすことが出来たし、食べこぼしも少なくなったから片付けもすぐ終わった。


慣れもあるけど、Kくんの成長を感じられた1日でした。


午後はお昼寝して夕方軽くお散歩。

夕飯作り中は夫がKくんと遊んでくれて、助かったし、遊んでいる2人に癒された。


我が家にとっては、ようやく家族らしくなってきた。

ようやく親心が芽生えてきた

ややくもりだけど、蒸し暑い。


今日は午前中支援センターいって、2時間遊び、午後はゆっくり過ごした。


支援センターの3歳以下の滑り台を、最近登って滑ることが出来てる。

ちょっと前は登れなかったし、滑ることもよく分かってなかったのになぁ…


支援センターに行くと、最初は絵本コーナーに行く。

そこでだるまさんシリーズと、はらぺこあおむしアンパンマンを一通り読んで、ブロックやぐるぐる回るボールのおもちゃで遊ぶ。

私も一緒にブロック遊びをするせいか、黙々とブロックを積んでいる。

みんなで何か踊りを踊るのは、恥ずかしいのか、まだ参加しない。


お昼寝時、たまに寝起きが悪くて泣いてる時がある。

その時に「ママ、ママー」と、途切れ途切れの声で泣いてることがあって、それを聞くと、この子が自立出来るまでは守ってやらないと行けないなぁと使命感にかられるようになった。


勿論今までもKくん第1でお世話してきたけど、なんだかようやく、はっきりと一緒に生きて行くぞー!と思えるようになった。

そのためにはどうしたらいいか。

私と夫とKくんと、三人でいい家族になりたいね。

夏休みの旅行が決まったので夏気分。

今日は曇りで涼やか。

エアコンいらず。

 

国試の勉強と夏休み明けの実習準備をどうしようかとモタモタ。

1ヶ月あるから、計画立てて、中間評価立てて、目標達成してるか確認しながらこまめに動きたい。

そのためには目の前の問題集を闇雲に解くことよりも、大きな計画の枠を作ることにした。

勉強は楽しいけど、好きなことだけで過ごすなら遊びとおんなじだ。

この夏の目標、というか、コンセプトを達成するために結果を出さなきゃ。

今までそんな考えしていなかったから、ワクワクしてる。

 

目標立てて、戦略考えて、実行しやすい行動して。

目標もコンセプトから外れていたら意味ないんだ。

 

七月の模試の結果がよかったから、模試で全国上位を目指そうかなとか思ったけど、それがゴールではないんだ。

モチベーションを高めるために全国上位を狙うのはいいけど、国試は9割取れてれば安心。

それよりも、より良い家にすること、夫とKくんと過ごす2017年の夏を大切に過ごすことも大事。

 

目先の楽しそうなものに取り込まれず、遠くのゴールを見据えて、評価時期が来たら追加修正して、よりよいゴールを目指そう。

 

 

そんなわけで、海の近くの友達の家に、二泊三日旅行が決定しました。

Kくんと同学年がいるから、楽しみだなー。

 

最近のKくん。

保育園の先生から、Kくんにお山座りして〜というと、小さな手足で頑張って体育座りするんですよ。と言われて、家でも実践。

か、可愛い…

手が全然届いてないけど、足がしっかり屈曲されている。

癒されるわー。

夏休みに入り、一息。

今日は晴れのち雨。

 

これから約1ヶ月の夏休み。

でも就活も国試の勉強も、実習準備もある。

でもKくんが一歳の夏は今年のみ。

今日と明日はいつも通りの土日だけど、夏らしい思い出づくりをしたいなぁ。

 

Kくんもよく歩く様になったので、近所のスーパーの人通りが少ない2階をぐるぐる歩いた。

一日室内だったので、明日は朝方か夕方の涼しい頃に、近くの公園をお散歩しようかな。

目に見えるものが新鮮なんだろうな。

 

就活も試験勉強も頑張るけど、私もしっかりリフレッシュしよう。

私の苦手なものはコミュニケーションではなくて、臨機応変な対応なんだと気づいた。

今日も晴れ。

 

今日で一学期終了で、明日から夏休み。

クラスアワーで、夏休みに自分の苦手分野をどう克服して行くか計画を発表した。

 

私はコミュニケーションが苦手で、特に非言語情報を読み取ることが苦手だと先の実習で感じていた。

でも、発表中に気づいたんだけど、Kくんの状況把握や、認知症のかたとのコミュニケーションは出来ているのよ。

むしろ対応できたことに面白さを感じているのよ。

それって、非言語情報だけでなく、その人の生活リズムとか好きなこととか性格とかを色々考えた上で、相手の意思を読み取っていることなのよね。

 

ということは、非言語情報読めてる!!!

 

なんで非言語情報が苦手、と思い込んでいたかと振り返ると、夏休み前の最後の実習で患者さんの表情を読まず自分の計画を実施したり、指導者さんとの意思疎通ができなかったからなんだよね。

でもその原因って、非言語が読み取れないんじゃなくて、非言語を読み取る前に自分の中に余裕がなかったからだと気がついたよ。

 

最後の実習は、苦手領域+今までの疲れの蓄積+Kくん喘息疑惑+先生も苦手+初めての実習場所…と、余裕がなくなる要素がたくさんあった。

人生で一番しんどかった。

だから実習に行くだけで精一杯で、正直まともな勉強も出来ていないし、結果も悪かった。

そんな状況で患者さんのことを把握することなんて出来ないし、指導者さんに相談することも出来ない。何もやってないから相談する内容もない。

 

全体を見渡す余裕が持てなかった。

それがあれば、できる様な気がする。

コミュニケーションが苦手なんて、思い込みだったのかもと思うと、肩の荷が降りた気がした。

 

 

突発的な状況で対応できる人になりたい。

そのために習慣化することをささっと検索してみたよ。

 

 

「メモなどを見なくても動けるように、やるべきことを頭に叩き込む」

「常に少し先のことを考え、全体を見渡す余裕を持つ」

「最終的なゴールを達成できるか、振り返る」

 

冷静になるために、日々の気持ちのゆとりを作ろう。

夏休み後の実習を満喫するためにも、夏休みは国試対策も兼ねて実習準備をしよう。

勉強が好きなのが救いだよ。

ゆったり過ごせて体が楽だ。

今日は少し雨で涼しい。

 

昨日出かけたので、今日は近所でぶらぶら。

図書館に行って、Kくんの手を握って散歩。

館内に入ると近くに本がたくさんあるからまっすぐ歩いてくれず、手当たり次第に本を取って行くので抱きかかえた。

だいぶ歩ける様になったので、歩かせているだけでKくんの遊びにもなるし、行動範囲が広がって楽しそう。

今までは保育支援センターで遊ばせて体力を使わせていたけど、いろんなところをたくさん歩かせたいなぁ。

 

帰って昼食、お昼寝。

夕方、一緒に寝た私がまだ眠たそうだったので、夫がKくんを連れて外出してくれた。

ありがたい。

途中で転んで鼻血出したそうだけど、数滴だし、もう止まってるし大丈夫そう。

とはいえ、現場にいたら私も大パニックになっていただろうな。

 

今日はKくんの大好きなはらぺこあおむしの絵本(固め)を買ってしまったよ。

保育支援センター行くたびにこれとダルマさんの本をしっかり握りしめているので、つい親心出しちゃったよ。

定番の絵本は響くもんなんだね。

 

明日のテスト勉強も、先日の模試の復習も少しずつ済ませて、ゆったり寝ました。

あと一週間で夏休み。